クリックで拡大します。


 平成15年の秋、「さざれ石」が発見されてより、その場所はずっと気になっていた。神座(かみくら)すぐ下の水溜まりである。山からの水がいつも染み出ていて乾くことがなく、うずもれた土がヘドロ状となっていた。いつか掘ってみたいと思いながらも、水が枯れることがなくできなかった。


  ところがどうしたものか、平成23年の正月から4月まで、宮崎は雨が全く降らず田植えさえできないほどだった。水溜りも完全に干上がる。この時と思い、4月12日より掘り始めた。直径3mばかりのくぼみを掘り進めていくと、そのすり鉢状の壁にうずまきのラインが刻んであり、いかにも人工的だ。その中心に長径1m短径75pの卵形の石が据えられている。


  さらに窪地の底まで掘り(深さ1.5m)、卵の下部に手を入れてみると隙間があり難なく手が入った。底の方まで完全に卵の形をしている。もちろんこの卵形の石は「さざれ石」礫岩である。丁寧に掘り進めたため3日間もかかってしまった。


 ほどなく、かねてより御縁を頂いていた熊本在住の特定非営利活動法人「日本巨石文化研究所」の武内一忠先生に来ていただいた。先生はいきなり、「これは五千年前の人々が信仰していた証ですよ」と。


 そして、「渦状に刻まれた岩は龍を表し、水溜りは龍の胎盤、溜まれる水は羊水、そこに生命の源を意味する霊(玉)がおさまっている。当時の人々は、この龍神に日々の安寧を祈り、更に後々の世までも幸福をもたらし守護してくださるようにと願ったものでしょう」と。


この水窪の周りを改めて注意深く見るとひとたび雨が降れば山からの水は滝のごとく落ち、すべてこの水溜まりに流れ込むようにと岩の勾配がなっている。おそらくはこれも当時の人々が計算づくでしたものであろう。




つづいて先生を近くの岩窟(神社から歩いて3分)に静まる鵜戸神社にご案内した。岩壁沿いの狭い石段を下りて行くと砂場に出る。岩窟の入り口をしばし見上げた先生。

「この岩窟(高さ20m、幅8m、奥行40m)は人の手によって掘られてますよ。上部を見てください。石の隅々がとがっているでしょう」 驚いた。今まで波の浸食によってできたものであると聞いていたのだが。岩窟内の赤い鳥居を過ぎると左手に岩壁が突出している。




「御社の奥まで光を取り込むことを考えれば、この壁はない方はいいのに」と先生はつぶやきながら社殿の前に立ち、入り口の方を振り返る。体を左右に揺らしながら、 「オオーッ。宮司さん見てください。壁の意味が分かりました。ここから見ると龍が浮かびますよ。なんと白龍じゃないですか」と。

言われるままその場所に立ってみた。感動に身が震えた。入り口の方の壁と突出する壁との重なるその隙間に見事な龍のシルエットが立ち昇る。

クリックで拡大します。

クリックで拡大します。

「これも五千年前の古代人が意図的にこの岩窟を掘り、そこに龍を迎えた。まさにこの岩窟は龍宮であり、龍の体内である」 先生はそう言われた。


 思えば昔からこの場所は龍の住むところと言われてきた。かつては真冬の夜、この場所にお籠りする人もおられた。更に先生曰く、 「宮司さん、この白龍に目が入ったでしょうね。一年に何日か星がきらりと光る日が」
「それじゃあ先生私は毎晩ここに通いましょうか」と言うと、 「いや五千年前の星座の位置と今の星座の位置はずれがある。だから残念ながら目の位置にしっかりとおさまることはないでしょう。しかしながら五千年前には必ずきらりと輝いていたと思いますよ」と。


 何ともロマンのある話ではないか。そこまで計算しての岩窟。そして白龍を創作したのか。古代人の信仰への強い思いと情熱を改めて感じた。思えば大御神社より東に位置する米の山には昔から龍神が祀ってある。また、大正末期には鳥居龍蔵博士が調査に入っておりその時の本も残っている。神社から西北の櫛の山は今でも龍の住む場所と言われている。龍の霊(玉)といい昇り龍といい、いずれも古代の龍神信仰を裏付けるものである。


 まだまだ書きたいことは多々あるが、未だ調査中でもありいずれ詳細をお伝えする時期が来ると思う。分かり次第お伝えしたい(今年平成24年の2月11日にはこのためのシンポジウムも行われた)。


 いずれにしても、昨年の4月より私は驚きと感動の連続だった。この国の歴史は神武天皇以来の二千七百年であると思っていたが、それを遥かに遡る時代、この地に集落があり、日々の営みと篤い信仰があったことが証明されたのだ。


 東日本大震災から丁度1ヶ月後、五千年の時空(とき)を経て甦る龍神伝説。 今日、日本列島は、いつ、どこで、どんな巨大地震とそれに伴う大津波が起こっても不思議ではないと云われている。 私たちは今こそ先史時代の人々の真直な熱き信仰の心に立ち返り、この国土の悠久と安寧を願い、ただひたすらに祈るほかはあるまい。

                       平成24年5月15日 宮司記す。






次に武内一忠先生より寄稿をいただきましたのでご紹介いたします。






大御神社の龍神信仰とオーブ(宝珠)の霊力

 今日の日本には、龍神を祭神とする神社はない。しかし、民間伝承的信仰には龍を自然界や宇宙を支配する神とし、畏敬の念をもち崇拝する傾向がある。世界で見ても、龍神はドラゴンと呼ばれ、荒れ狂う自然の力の象徴として表され、あるいは蛇の姿をしたものもある。


 北欧神話では、竜体となったファフ二―ルが黄金と黄金を生みだす指輪を皮の中に入れて地中深くへと隠れてしまう。ファフ二―ルを追う弟で鍛冶屋のレギンは、勇者ジークフリートに頼み、彼の持つ岩や鉄をも切り裂く折れた妖剣グラムを鍛え直して、ファフンニ−ルを倒す。また同じ北欧神話には、二−ルホッグという黒い大蛇がいて、世界樹エグドラシルの根の一本が届いている二ヴルヘイムでこの根に噛み付いていると謂われる。二−ルホッグは翼があり空を飛ぶ。 
 
 ゲルマンの伝承には、「リンデン樹の下の蛇」の民話のように醜いリンドブルムなどとして伝えられる。これは日本の「ヤマタノオロチ」のようにクシイナダヒメを娶ろうとする大蛇をスサノオノミコトが酒に薬を入れて退治する話とよく似ている。このように日本でも、龍神はヤマタノオロチやヤトノカミ(夜刀神)、印旛沼の竜など退治される。しかし印旛沼の竜を退治したのは「天の大龍神」であったが。


 世界で最も古い龍神の描写は、シュメールにあった。ティアマトと言い太母神として真水の神アプスーとの間に多くの神々を生むが、神の主座を争い孫神マルドウクに討たれる。ティアマトは二つに引き裂かれ、一方を天に一方を地に変えた。彼女の乳房は山となり、そばに泉が作られ、その眼からチグリスとユーフラテスの二大河が生じたとされる。これは、龍神がシュメール文明が起こる5000年前より以前にすでに、神々の頂点にいたことを示している。


 ただ、出雲大社の龍蛇神のように八百万の神を先導する神として信じられ、人々に祝福をもたらす神「龍蛇さま」とし篤く信仰されていた。他に大三輪の蛇神などがあるが、大和朝廷ではこのあまりにも霊力が強く、強大なエネルギーをもつ龍蛇神の霊威力はコントロールできない属性であると判断していたのであろう。


  このように世界中で扱いかねた龍神・ドラゴンが九州のこの地、日向に再び降臨しようとしている。その大御 神社のさざれ石の下にまします「龍の玉子」と境内海岸 に坐す鵜戸神社の祠から立ち上がる「白龍」は、温暖化 等によりこれから起こりうる大自然の崩壊を守る大神となるために再び現れたのだろうか。
 

 この九州各地では今も、海神を祭るパイロン(中国語で 白龍)競争をしたり、長崎では、龍が玉を追う龍踊(じゃおどり)などで龍神を身近に感じているのである。

 龍の玉子「宝珠」は、世界では「オーブ」orbといい、中世を通して今日でもキリスト教の権威の象徴、レガリアの宝珠として使われる。球体(世界)にたいしてキリスト(十字架)を乗せるこの宝珠は世界支配権の象徴を表し、地上の統治者が文字通り手で持つことにより世界の支配権を表した。


 また、宝珠は龍王の脳中より出た、上部先端が尖って火焔を伴う玉のことで、仏法ではこれを得ることによりいかなる願いも叶うといわれている。神道では正に「ハダマ」ではないだろうか。刀身彫刻では、龍神がこの宝珠を追う図が彫られることが多く、これを玉追い龍と称している。


 古くは王笏ともある。これは権威の象徴を表す杖のこと。旧約聖書のエステル記にも記述がある。古代ギリシャの笏は長い杖で、トロイア戦争におけるギリシャ軍の総大将であるミケネの王アガメムノーンが振るった杖、長老らが使った杖などがある。その後、裁判官、軍司令官、神官などが権威の象徴として使うようになった。  


 大御神社のドラゴンボールを考えるに、この宝珠の前にさざれ石を据え奉った大和の大神は、その最高の権威を頂き天皇の王笏へと形を変えていったのではないだろうか。今では、その笏は大嘗祭に位山の櫟(いちいかし)で作られることになっている。また、この櫟は竜王ドラゴンを父に持つアーサー王の血を引くエジンバラ王家の神木でもある。




クリックで拡大します。

 火山の島九州阿蘇の奥深くマグマの奥に眠っていた龍神がまた、宇宙へと立ち返り四海を治め、人々が篤く信仰を広めることによって世界に安寧をもたらすことを、この大御の宮の地霊となって今その約束を告げているのではなかろうか。


2012.4.10。
                     日本巨石文化研究所長 武内一忠